窓フォト紹介

>>SSきれいですね―//
>>どうやってるんですか??
>>裏山ですww

>スクリーンショットのことですか???

>自分は『窓フォト』というものを使ってますよー

>ブログで紹介しましょうか???

>>できればお願いします~

という訳で今回は自分がこのブログのアニメ記事をUPするために使ってるスクリーンショットソフトを紹介しまーす///

madophoto_pic.png


窓フォトには、「画面のキャプチャ」という煩雑な作業を快適におこなっていただくための様々な便利な機能が搭載されています。
ここでは、多くの便利な機能の中から、特におすすめのいくつかの機能についてご紹介します。

目玉機能1.「アクティブウィンドウの自動捕捉」
この機能は、他のアクティブウィンドウに、窓フォトのキャプチャ領域の大きさと位置をリアルタイムで自動的に合わせる機能で、アクティブウィンドウをキャプチャしたい場合に便利な機能です。
何も位置合わせなどをせずとも、簡単かつきれいにアクティブウィンドウを次々にキャプチャすることが可能です。

目玉機能2.ウェブページもきれいにキャプチャ!
窓フォトは、ウェブページのキャプチャももちろん可能です。縦長で、スクロールしないといけないようなページでも、URL を指定するだけですべてきれいにキャプチャしてくれます。

目玉機能3.「連続キャプチャ」
この機能は、最大 9999 枚まで連続的にキャプチャできる機能です。簡単な設定をおこなうだけで、例えば 100 ミリ秒間隔で 200 枚キャプチャする、というようなことができます。

目玉機能4.JPG / BMP / PNG / GIF / TIFF 形式での多彩な出力形式
窓フォトは、キャプチャした画像の出力形式も多彩です。
簡単な操作で、一般的に使われているほとんどの画像形式で保存できます。

目玉機能5.キャプチャ画像のクリップボードへのコピー
窓フォトは、キャプチャした画像を保存するのみならず、クリップボードにコピーさせることも可能です。今まで PrintScreen でキャプチャした後、ペイントに貼り付けて一部を切り取って・・・、としていた作業を短縮できます。

目玉機能6.ダイアログを表示させずにどんどん保存
キャプチャした画像を保存する際、あらかじめ設定しておけば、保存ダイアログを表示させずに自動的に保存させることが可能です。
シャッターチャンスを逃しません!

上記で解説した以外にも、多くの便利な機能がたくさん搭載されています。

引用です。。。

窓フォトダウンロードページ

aaa.jpg

見にくい方はくっりくで拡大///

madophoto ←というアプリを起動!

これであとはとりほうだい///ということです^^

わからないかたはコメからどうぞ///
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。